v1.2
01
暗香浮動
あんこうふどう
暗闇の中、花の香りがかすかに漂うこと。特に梅の場合についてい うことが多い。かすかに感じられる春の訪れを表す。

・「暗香」は暗闇くらやみの中、どこからともなく花の香りがすること。「浮 動」はふわふわと漂っていること。
●出典は、林逋りんぼ「山園小梅(さんえんのしょうばい)」(詩)
●利用のしかたとしては、「深夜の梅園は、暗香浮動して心地よい。」な ど。
●同じ意味の言葉としては、暗香疎影(あんこうそえい)などがある。
先頭 前ページ 次ページ 最後