v1.2
13
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
桂玉之艱
けいぎょくのかん
物価の高い都会で、生活に苦しむことのたとえ。地方から物価の高い土 地に来て、苦学するたとえ。高価な桂より高い薪と、珠玉より高い食べ物 に苦しむ意から。
・「桂」は香木、「玉」は宝玉のこと。日本のカツラ科の落 葉高木のカツラとは異なる。「艱」は悩み苦しむこと。<故事>中国戦国時 代の遊説家蘇秦そしんが、楚その威王いおうに面会するのに三か月も 待たされ、その間に珠玉よりも高い食べ物と桂より高い薪など生活物資 の物価の高さに悩まれた故事から。
●出典は、『戦国策』楚策(そさく
●同じ意味の言葉としては、桂玉之地(けいぎょく)のち)
・食玉炊桂(しょく ぎょくすいけい)
・都門桂玉(ともんけいぎょく)などがある。