v2.1
16
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
桂林一枝
けいりんのいっし
出世したことを謙遜していう語。もとは自分の官職に満足していないこと をいう語。転じて、容易に得がたい人物や物事。また、高潔で世俗を抜け 出ている人物のたとえ。桂の林の中の一本の枝の意から。

・「桂」は肉桂や木犀などの香木の意。日本のカツラ科の落葉高木のカツ ラとは異なる。<故事>中国晋代の郤しんが官史登用試験に優秀な成績 で及第し、のち雍州刺史(ようしゅうしし)という地方長官に任命されたとき 、帝にどのような気持ちかと尋ねられ、「わずかに桂林の一枝、崑崙山(こ んろさん)から出る美玉の一片を手に入れたほどのこと」と答えた故事か ら。
●出典は、『晋書(しんじょ』郤?伝(げきしんでん
●同じ意味の言葉としては、崑山片玉(こんざんへきぎょく)などがある。