v2.6
02
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
一樹之陰
いちじゅのかげ
見知らぬ同士が、一つの木陰に寄り添って雨宿りをするのも、前世からの因縁である、ということ。

●出典は、『平家物語』.「一樹の陰に宿るも、先世の契ちぎりあさからず同じ流を結ぶも、多生の縁猶なお深し」