v1.2
26
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
枯樹生華
こじゅせいか
非常な困難のさなかに活路を得るたとえ。また、老い衰えた人が生気を 取り戻すたとえ。枯れ木に花が咲く意から。もとはこの上ない真心が通じ ることをたとえたもの。
・「華」は「花」とも書く。「枯樹(こじゅ、華はなを生し ょうず」と訓読する。
●出典は、『続博物志ぞくはくぶつし』七
●同じ意味の言葉としては、枯木生花(こぼくせいか)
・枯木生葉(こぼくせ いよう)などがある。