v2.6
27
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
枯木寒巌
こぼくかんがん
世俗に超然とした悟りの境地のたとえ。枯れた木と冷たい岩の意から。
仏教、特に禅宗で「枯木」「寒巌」を、情念を滅却した悟りの境域にたとえ る。また、情味がなく冷淡で取っつきにくい態度
・性質などのたとえに用 いられることもある。
・「巌」はいわお。高く大きな石。「寒巌枯木かんがん こぼく」ともいう。
●同じ意味の言葉としては、寒灰枯木(かんかいこぼく
・槁木死灰(こうぼ くしかい)
・枯木死灰(こぼくしかい)などがある。