v2.6
4
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
一木一草
いちぼくいっそう
一本の木や一本の草まですべての意から、そこにあるすべてのもののこ と。また、わずか一本の木と一本の草の意から、きわめてわずかなもの のたとえ。      
・「一草一木(いっそういちぼく)」ともいう。
●表現としては、「一本一草に至るまで」、「一木一草といえども」など。
●用例としては、芭蕉は歩きつつ一木一草に彼の肉眼を働かせました。
充分なる咀嚼そしゃくの時間を待ったということです。<亀井勝一郎
・愛 の無常について>