v2.6
51
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
雪中松柏
せっちゅうのしょうはく
志や節操
・主義を堅く守ることのたとえ。松や柏かしわは寒さの厳しい雪 の中でも緑の葉の色を変えないことから、時代の流れに変化があっても その節操を変えない人にたとえた。
・「柏」はひのき
・このてがしわなど、 ひのき類の総称。
●利用のしかたとしては、彼の志の堅いことは雪中の松柏ともいえよう。
●同じ意味の言葉としては、歳寒松柏(さいかんしょうはく
・志操堅固(し そうけんご)
・松柏之操(しょうはくのみさお)などがある。