v2.1
66
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
桃園結義
とうえんけつぎ
中国の小説『三国志演義(さんごくしえんぎ)』の中で、主人公の劉備玄徳(りゅうびげんとく)
・関羽(かんう)
・張飛(ちょうひ)の三英雄が、張飛の家の桃畑で義兄弟の契りを結んだこと。のちに義兄弟の契りとも呼ばれ、力を合わせて事にあたることを意味するようになった。 
・「桃園(とうえん)に義ぎを結むすぶ」と訓読する。
●出典は、『三国志演義(さんごくしえんぎ)』一
●表現としては、桃園結義の友情」など。