v1.2
83
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
庇葉傷枝
ひようしょうし
葉を保護しておきながら、枝のほうを傷つけてしまうこと。転じて、末節にこだわり、本質的なことをだいなしにするたとえ。わずかな欠点を通そうとして、かえって全体をだめにするたとえ。
・「庇」はかばう意。「葉はを庇かばいて枝えだを傷きずつく」と訓読する。
●出典は、『史記』汲黯伝(きゅうあんでん)
●表現としては、「庇葉傷枝の愚行」など。
●同じ意味の言葉としては、矯角殺牛(きょうかくさつぎゅう)などがある。