v2.1
86
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
武陵桃源
ぶりょうとうげん
俗世間からかけ離れた平和な別天地、理想郷のこと。 ・「武陵」は地名。中国湖南省(こなんしょうにある。「桃源」は世俗を離れた平和な別天地。<故事>武陵の漁師が、川をさかのぼって桃林に入り、山腹の洞穴を抜けたところに、美しく桃の花が咲き乱れる別天地があった故事から。
●出典は、陶潜(とうせん「桃花源記(とうかげんのき」
●表現としては、「武陵桃源の世界」など。
●用例としては、桃李数百本を植え、川に柴橋さいきょうを架けて桃源橋と名づけた。武陵桃源の故事によって、浮世の外の意を寓ぐうしたのである。<海音寺潮五郎・柳沢騒動>
●同じ意味の言葉としては、世外桃源(せがいとうげん)などがある。