v2.6
88
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
暮雲春樹
ぼうんしゅんじゅ
遠くに離れている友を思う情のこと。・「暮雲」は夕暮れの雲の意。「春樹」は芽吹いた春の樹木の意。「春樹暮雲(しゅんじゅぼうん)」ともいう。
●出典は、杜甫とほ「春日(しゅんじつ)李白(りはく)を憶(おも)う」(詩)。「渭北(いほく)春天の樹、江東日暮の雲」、意味は今私は渭北にあって春の芽吹いた樹木を見ながらあなたを思っていますが、あなたも江東にいて日暮れの雲を眺めて私のことを思っていることでしょう)。