v1.2
9
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
鬼気森然
ききしんぜん
ただならぬ鋭い気配の漂うさま。人を戦慄させる気配のするさま。       
・「鬼気」はただならぬ気配、気味悪くぞっとすること。「森然」は樹木の茂 り立つさま、並ぶさま、また、厳かなさま。
●表現としては、「鬼気森然と迫るものがある」など。
●用例としては、満点の昏焔(こうえん)更に血紅色に燃えかわり、鬼気 森然として人を襲う。<徳富蘆花
・自然と人生>