v1.2
90
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
蒲柳之質
ほりゅうのしつ
生まれつきからだが弱く、病気になりやすい体質のたとえ。 
・「蒲柳」はかわやなぎのことで、その葉は早く落ちてしまうことから、虚 弱な体質をいう。
●出典は、『世説新語(せせつしんご』言語げんご
●表現としては、「蒲柳の質の悩み」など。
●用例としては、生来蒲柳の質だった村木が肝臓を悪くして、寝込んで しまったのはその頃ころからであった。<瀬戸内晴美
・諧調は偽りなり>
●同じ意味の言葉としては、虚弱体質(きょじゃくたいしつ
・蒲柳之姿(ほり ゅうのし(対義語)松柏之姿(しょうはくのし
・松柏之質(しょうはくのしつ)な どがある。