トップページ > 事例紹介 > 1.キットの事例 (フェンス含), キットデッキ(アマゾンジャラ) > No. A108

KitDeck Hard
キットデッキ(アマゾンジャラ)

材質:アマゾンジャラ

有効活用できていなかった庭を発展させていきたいと・・・

No. A108

● 設置場所/兵庫県 Oさん宅
● 組立時間/15時間 (1人)

ガーデンライフを望んで戸建を新築して早15年、これまで有効活用できず、鉢花を置く程度で雑草対策に追われる日々でした。そこで思い切って地面の一部をふさぎ、雑草対策と庭再活用を同時に進めようと考え、ついでに高低差をつけた立体感を採り入れようということで、ウッドデッキに思いを巡らせ始めました。早速、本やネットで商品探しを始めた訳ですが、その際、私が重視した点は次の3点でした。

① 自分を含め家族全員が無精者。少々放置しても大丈夫なメンテナンスフリーなデッキ

② 設置場所は平坦だが、礎石(束石)で水平を出すなんて日曜大工もしたことがない自分には無理と判断し、束の高さが自由に調整できるデッキ

③ サイズが豊富でベストマッチな商品選択ができるデッキ

その結果、最終的に中川木材さんのアマゾンジャラに行き着きました。製作は年末から年始にかけて延べ約15時間位かかりました。かみさんからは「あんたには無理!」と言われていましたが、ネットに紹介されている他の方のコメント同様、割と簡単にさくさくと完成させることができました。特に調整束は期待通りで、ド素人の私には大変有難い構造でした。また、材料一つ一つが重いので、時々大学生の息子に手伝ってもらっての作業でしたが、部材が非常に正確にカットされていたので、水平とか直角に少し気を使えば確かに「大きなプラモデル」といった感じでした。デッキを作ってみてしみじみ思ったことは、「インパクトドライバー様様」ということ。アマゾンジャラはさすがに固く、手で穴をあけてネジを締め込むなんて無理ですね。電動工具などこれまで使ったことも触ったこともなかった私ですが、練習部材で1~2回やってみて感じをつかみ、思い切ってガンガン打ち込み・ねじ込みしました。インパクトドライバーは会社の友人から借りましたが、少々パワー不足で、下穴開けが十分でない箇所などは途中でコースレッド(ネジ)が回らなくなり、逆回転で引き抜いてから再度打ち直し、ということも何度か。中川木材さんが推奨しているようなパワフルなインパクトドライバー(115N・m以上)の方がいいでしょうね。また、インパクトドライバーで驚いたのはその音・・・。正月はさすがに近所迷惑を考えて作業をやめました(笑)。完成したデッキは写真のとおり(デッキの下に撒いた砂利が飛び出さないようレンガで仕切ってみました。デッキ製作のために購入した水平器と水糸で結構うまくビシッとできたかな、と自画自賛)で、家族全員、大満足しています。特にペットのワンちゃん(メルといいます)が一番気に入ってくれて、寒い中でもしょっちゅう、リビングから外に出て遊んでくれています。今後は、このデッキをマイガーデンの基点として、これまで有効活用できていなかった庭を発展させていきたいと思っています。

下記のサイトからご購入できます。 それぞれの商品ページにリンクしています。
    

  • 事例紹介はコチラ
  • Wood Deck Showroom
  • ウッドデッキ倶楽部
  • カブログ
  • お客さまの声に投稿する

お問い合わせは中川木材産業へ

お電話でのお問い合わせ

072-361-5501
072-362-3341

インターネットでのお問い合わせ