ロゴ

土木と木材

1.杭樹種 | 2.杭丸太知識 | 3.支保工 | 4.型枠 | 5.キャンバー |
6.矢板 | 7.工法 | 木工沈床 | 9.造園用 | 10.その他 | 11.壇木 |

木工沈床



美しい自然が残る景観と、生態系を崩さないことを考慮した河川改修工法が、各地で行われています。
河川改修工法として、自然木(間伐材)と石を使用した木工沈床を提案致します

従来の木工沈床の問題点:

砕石を予め陸上で木工沈床の中に入れ、それをクレーンで吊り上げて河川に沈めることが理想であるが、砕石を入れた重量をささえるだけの強度確保が難しく、又、水中に設置をした場合にワイヤーを簡単に外すことが困難

ログフレーム工法の特長:

吊り下げ強度が高く、砕石を投入してから水中に設置することができる。クレーンの吊り下げ金物の脱着が水中でも容易に行える。丸太を丸加工する必要がなく、コストが安い
設置すると金物が外部から全く見えない。
以上のことから、
コストは半分近くになり、工期も1/10以下に短縮できます


 

●ログフレーム工法

① 自然木をそのまま使い、金属部分は外には見えない環境にやさしい商品
② 強度が必要な部分は、金属を使用し安全強度が明確
③ 陸で石投入後、クレーン設置が可能
④ 現地組立のため、現場での融通性あり
⑤ 特殊吊金具によりクレーンに簡単に取付け、取外しが可能
⑥ 植生ロール杭の事前設置ができる
⑦ 現場での組立て方式、工場完成納入方式、半完成品現場組立て方式など現場

   状況に合わせた対応が可能

ノックダウン工法

① 自然木をそのまま使い、金属部分は見えず環境にやさしい商品
② 安価で工期が早い

詳しくはお問い合わせください


「特許申請中、ログフレーム工法」
木工沈床  ログフレーム工法
木工沈床専用の特殊な金物を使い、木工沈床を6点吊りで移動します。
サイズ 2m×4m 高さ0.6m 総重量5.5t
木工沈床
木工沈床据え付け隣の木工沈床に合わせて並べていきます
木工沈床
隣の木工沈床とワイヤーで連結し完成です。野鳥や魚の休憩所となります。