新刊書の紹介・目指せ環境大国への道


地域連携と政策連結をメインテーマに据えた向社会的森林・環境政策の本です。
森林問題および林業問題を従来発想に捉われず、新たな角度から切り込んでいます。
政策立案担当者、地方自治体関係者、NGO、NPO、学生、その他一般の方々で森林問題や温暖化防止に関心の高い皆様にお勧めします。

表紙カバーの写真は、富山県有峰森林文化村の広葉樹林と針葉樹林(撮影・小澤普照)



2003年3月28日発行、定価2500円(全227ページ、本体価格・税別)
注文は、書店または発行所の博友社へ、電話03-3268-8271
FAX03-3268-8273


執筆分担および目次

執筆分担
 序論及び総論篇は小澤が、構想モデル篇のうち森林資源をめぐる諸論のうち木炭利用 については杉浦が、木材の地下貯留については鈴木が、地域における森林環境教育については遠山の各委員が、その他の部分については水村が担当しました。
 なお、本書に掲載の写真はすべて、小澤普照の提供によるものです。


 小澤 普照 林政総合調査研究所 理事長
 杉浦 銀治 炭焼きの会 副会長
 鈴木健太郎 森林総合研究所 木材化工部 材質改良科長
 遠山 善治 長野県立上伊那農業高校 教諭
 水村  隆   林政総合調査研究所 客員研究員
 注、執筆者の肩書きは、研究推進時点におけるものです。
  

      
目 次
 発刊にあたって(中山素平・児島 仁)
 まえがき (小澤普照)
 序 論
第T部 総論篇
 T-1CO2排出問題に見る国際動向とわが国が目指す方向
 T-2連結型政策による新たな緑空間の創出
  T-2-1 連結政策の必要性
   T-2-2 地域連結(地域間パートナーシップ)の発想
  T -2-3 政策連結の集大成としてのエコヴィレッジの展開
  T-2-4 地域における温暖化防止対策の取り組みの方向
  T-2-5 政府レベルにおける動向
 T-3向社会型発想による温暖化対応
  T-3-1 向社会型発想の必要性
  T-3-2 CO2貯留から見た森林土壌保全策
   T-3-3 循環森林社会モデル(地域モデル)構想
     (1) 環境首都コンテスト
     (2) わが国におけるモデル構想
     (3)大都市型圏域
     (4)供給型圏域
     (5)北方型共生圏域
     (6)国際型圏域の発想
     (7)自然エネルギー(クリーンエネルギー)供給と地域
     (8)循環社会の実現を加速する「森林・エコ特区」の発想
 T-3-4 森林の向社会的機能を活かすインターフェース(接点)の増強
     (1) 活動空間
     (2) ITの活用と木質エコハウス開発
       1)IT活用 
       2)エコハウスとして木造住宅を見直す
        2-1)耐久性地域材住宅の重要性と島根・石州の家など
        2-2)不燃木材の出現と耐火木造住宅への期待
     (3) エコ・ツーリズムとエコマネー
        1)エコ・ツーリズム
        2)エコマネーとエコカード
         2-1)エコマネー
         2-2)エコカード
     (4)認証
       1)森林認証
       2)ISO14001
       3)今後の認証についての課題
     (5)人材
       1)新たな視点による人材育成
       2)人材活動を支援する社会風土の醸成
        2-1)熱電併給システム(コジェネレーション)の普及
        2-2)ドイツのエコハウス「樹木の家」
    3-5 総論篇のまとめ      

  第U部 構想モデル篇 
 U-1構想モデルの多様な発想
    1-1 バイオマスエネルギー構想
      (1)バイオマスエネルギー利用の事例
      (2)世界のバイオマスエネルギー利用の動向
      (3)バイオマスエネルギーシステム技術
      (4)バイオマスエネルギーシステム導入の課題
    1-2 森林シンクパートナーシップ構想
      (1)森林に対する追加的な人為活動による二酸化炭素固定
      (2)排出量取引に関わるパートナーシップの課題
    1-3 CO2貯留構想
    1-4 地域居住空間創造構想
    1-5 森林環境整備構想
    1-6 森林レクリェーション構想
    1-7 森林環境教育構想
    1-8 林業・林産業再生構想
      (1)木材資源利用
      (2)近年の林産業の事例
      (3)林業・林産業再生構想の課題
    1-9 廃棄材等の処理と森林問題
 U-2 新たな森林・緑空間の創出のための構想モデル
    2-1 構想モデルの構築に当たって
       (1)都市外縁地域モデル
      (2)山間地域モデル
    2-2  都市外縁地域構想モデル
       (1)構想の基本的フレーム
       (2)居住ゾーンの概要
       (3)センターゾーンの概要
       (4)森林ゾーンの概要
       (5)交通網の概要
       (6)エコビレッジの廃棄材等処理
       (7)エコビレッジのライフスタイルイメージ
    2-3 山間地域構想モデル
       (1)構想モデルの基本的フレーム
       (2)エコ・エンタープライズの機能
       (3)定住ゾーン
        (4)レクリエーション、環境教育
 U-3 構想モデルのシナリオ
     3-1 都市外縁地域構想モデルのシナリオ
       (1) 構想モデルの展開課題と展開シナリオ
       (2) 構想モデルの実施・運用シナリオ
         1)エコビレッジの規模のシナリオ
         2)エコビレッジの初期投資と土地・立木売却収益
         3)構想モデルのCO2収支
         4)認証システムの導入
      3-2 山間地域モデルのシナリオ  
       (1) 構想モデルの展開シナリオと課題
       (2) 構想モデルの実施、運用シナリオと課題
       (3) 山間地域の政策支援
U-4 21世紀に向けた新たな森林・緑空間の創出
      4-1 新たな森林・緑空間の創出に向けた様々な萌芽
       (1)森林認証システムなど民間独自の取り組み
       (2)バイオマスエネルギー利用
       (3)野生動物との共存
      4-2 構想モデルの実現に向けて
       (1)地域概念に対する発想の転換
       (2)人口減少、高齢化に向けた新たな森林・緑空間創出の発想
 U-5 森林資源をめぐる諸論
      5-1 木炭利用-炭焼きからの提言-
      5-2 木材の地下貯留(旧丸ビルの基礎杭材の分析事例から)
      5-3 地域における森林環境教育

第 V部 参考資料篇 我が国の森林資源を取り巻くマクロ的状況把握
 V-1 森林資源賦存量のマクロ的把握
      1-1 我が国の森林資源
      1-2 我が国の土地利用特性と森林資源
 V-2 我が国の土地利用ポテンシャル
      2-1 メッシュデータでみる全国の土地利用状況
      2-2  全国の地形条件別土地利用状況の概要
         (1)土地利用区分の定義
         (2)地形条件の設定方法
         (3)水田の地形条件別状況
        (4)畑・牧草地の地形条件別状況
        (5)全国の荒地の状況
         (6)全国の森林の状況
     2-3 自然条件からみた土地利用ポテンシャル
         (1)土地利用ポテンシャルの評価方法
         (2)都市近郊地域の土地利用ポテンシャルの評価分析
         (3)中山間地域の土地利用ポテンシャル
 V-3 CO2、水収支にみる森林機能
     3-1 一人あたり森林面積を指標とする森林圏域
         (1)手法
         (2)円ローカスの定義と抽出条件
         (3)一人当たり森林面積指標
         (4)シミュレーションの種類
     3-2 シミュレーション結果
         (1)一人当たり森林面積250uの圏域
         (2)一人当たり森林面積が500uの圏域
         (3)一人当たり森林面積が1,000uの圏域
     3-3 水資源、CO2収支に関する検討
          (1)水資源収支
          (2)CO2収支
     3-4 圏域のシミュレーション結果による検討課題
          (1)水資源収支にみる都市と森林
          (2)CO2収支にみる都市と森林
  V-4 森林資源圏域の現状
       4-1 人工林地域の構造
        (1)我が国の人工林面積
        (2)人工林の集中地域の分析
      4-2 地域森林計画区(小流域)の構造
       4-3 森林・林業圏域の新たな考え方
  V-5 森林資源を取り巻く経済的、社会的、環境的状況
      5-1 世界的の森林認証システム
       (1)認証システムの種類
       (2)FAO統計にみる認証動向
       (3)FSCの認証面積
     5-2コミュニティ認証システムの事例
     5-3バイオマスエネルギー利用の潮流  
  V-6 森林資源を取り巻く状況の整理
      6-1 森林資源を取り巻く状況の把握・整理
     6-2 森林・林業政策の推移
     6-3 小規模零細木材流通の現状
     6-4 我が国の森林・林業分野への期待  
     研究検討委員
     参考文献等一覧



トップページへ