国民の森林(国有林)への提案・提言等



1.静岡大学の吉野知明さんの提言

 国有林事業は、森林をどのようにとらえているのでしょうか。
本文を詳細に読んだ訳でないので、断言はできないのですが、森林を樹木の集団としみていて、重要な森林構成メンバーである動物についてあまり考えていないようにいわれます。
 林野庁はどのように考えているのでしょうか。それについて知りたいと思います。
 森林には動物がいます。これらとの共存をどのようにしてはかっていくかは、重要な観点のように思われます。最近鹿の害が急増していることをよく耳にします。森林動物も食肉として生活の中に溶け込ますことは無理でしょうか。適度な捕殺は、過去の森林と人とのつきあいの上でなされていたことだと思います。
 逆に営利目的の大量の捕殺は、トキやコウノトリなどのレッドデータブックに載るような動物や絶滅種を生み出しました。経済や流通のことを考えると、定時に定量供給されるべきでしょうが、生態系の維持として、人と森林動物の共生ははかれないものでしょうか。森林動物は保護の対象としてあるいは、ハンティングの対象として扱われることが多いと思います。動物の増えすぎはそれの捕食者がいないために起こります。鹿の増加もその例です。増え過ぎず減らし過ぎずといった関係にはできないものでしょうか。
 森林との共生は森林に人間が溶け込んでいくように進められるべきではないでしょうか。逆に言えば、森林を管理するといった森林を人間の都合のよいように改変するのは真の共生とはいえないのではないでしょうか。
 国有林を国民の森と考えるのはすばらしい発想だと思います。
 でも森林には動物たちもいます。誰のものでもない森林、動物たちのための森林(聖域)のようなものも必要だと思います。人の手の届かない森林まですべてを管理しようとするのは、無理があると思います。奥山は、動物たちのため、水源のために保全するところは保全して、あまり人が立ち入らないようにする方がいいのではないかと思います。
 登山ブームにより高山植物や植生の悪化が問題になっています。もう一歩進んだ観光や登山の方法を確立できないものでしょうか。人間が理性的に立ち寄らない豊かな森林域。そんなものは作れないものでしょうか。
 国土は日本のものです。でも日本に住んでいるのは、日本人だけじゃない。日本の風土を好む植物、動物もいるんだと。日本の国土はその動植物たちのものでもあるんだと。そういった観点から森林に接していきたいと思います。決して自分たちの都合のいいように変えていいものではない。県境や土地の所有権を越えたすべての生物に平等なあり方が、「共生」だと思います。
 みなさんはどう思われますか?
 このメールが何か森林をよくしていくのに役立てばいいと思います。
From: "演習林実験室" <aesfuji@agr.shizuoka.ac.jp>
Subject: 森林動物について
Date: Tue, 23 Jun 1998 19:06:39 +0900
静岡大学農学部付属演習林4年
吉野知明
e-mail:aesfuji@agr.shizuoka.ac.jp


注、事務局より。参考資料として本ホームページに「国有林の生態系保護等の資料」を掲載しております。

戻 る

ホームページに戻る