v2.1

厳しさの中に…

大阪木材工場団地協同組合  課長 花井清
9.提供会社 | 樹には望みありTOPに戻る
「花井君、ナアナアはいかんで!ナアナアは!けじめはしっかりつけんといかん」中川理事長がよく言われた言葉でした。

その言葉のとおり、人にも厳しい分、ご自身に対してもその何倍も厳しい方でした。

昭和56年5月、大阪木材工場団地協同組合の四代目理事長に就任され、その時これからの組合の方針やご自分の考え方について、まだまだ青二才の私等にずいぶん話をして下さいました。

「これから忙しくなるよ、もっともっと動いてもらわんといかん。

やってもらわんといかん」色々話される言葉の中に、なんとも言えない活動的な又創造的な考え方に、ずいぶん共鳴し、感動した事が思い出されます。

それから、組合創立20周年の色々な事業、ウッドリーム大阪の建設、創立25周年事業、組合施設の充実、その他一連の組合活性化の諸事業が、本当に機関車のような力強い原動力と、すばらしいかじ取りにより押し進められてきました。

昭和62年の秋、組合職員旅行の折でした。

(理事長はずうっと私達といっしょに行かれ、欠かした事はありませんでした)移動のバスの車中、昭和37年の組合創立当時から今にいたるまでの色々な出来事を延々2時間程話された事がありました。

「理事長、今のお話はテープに録音して組合の歴史記録にしないといけませんネ」と私が言うと「うん、そうや、もしワシがおらんようになったら誰も知らなくなってしまうなあ」と言われました。

ふとさびしさといっしょに誰よりも木材団地の事を考え、愛してこられたのだと感じました。

自ら作詞をされた組合創立25周年記念歌「あたらしき大地」にはその想いが、いっぱいあふれているように思います。

木材団地を愛する事は一番でした。

木にこだわる事も一番でした。

花鳥風月を愛でる事も一番でした。

人に対する思いやり、やさしさも一番でした。

涙もろいのも一番でした。

大きな声も一番でした。

歩く時も先頭一番でした。

でもご自分の人生にけじめをつけるには、まだまだ早い一番だったと思い残念です。

中川理事長、安らかに眠って下さい。

れんげ咲き、夏の樹しげり、虫の音聞え、白雪つもる木材団地は永遠です。

あなたが残して下さったものはたくさんあります。

皆でそれらを愛し、大切にしていく事が私達の務めだと思います。

天国からずうっと見守って下さい・・・・