v1.1
目次 | 第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 第5章 | 第6章 | 第7章 | 第8章 | 第9章 | 第10章 |

木材流通とは

第8章 管理監督に求められるもの

少数意見を聞く耳と切って捨てる勇気と

能率の悪い所の仕事ぶりを見ていると、部下の仕事を楽にさせてやることが上司のつとめだと考え勝ちな管理者が目につきますが、むしろ、部下に与える仕事はきついけれども、そこであげた成果は十分に分かち合ってあげるということが、指導統率力ではないでしょうか。部下のあげた成果は一寸も分かってあげないでいて、部下を甘やかせることだけが管理者のつとめだという考え方には、指導統率力というものへの誤解しかない、と言わざるを得ません。

 そこで、物事を始める時は、自分のやろうということ、やらなければならない方向を、自分の腹にきちんと決めておいて、そのうえでこんどは皆の意見を充分に聞く柔軟な頭を持つことが大切になります。少数意見を聞く耳、聞くだけの柔軟性は持たねばならない。また、少数反対意見者を説得させる能力と努力も大事です。と同時に、少数意見を切って捨てる勇気も管理監督者はあわせて持っていなければならない。あっちの人がああいうからフラフラ、こっちの人がこういうからフラフラ、いつも他者の意見に左右されてフラフラしているようでは、指導統率力はないと言わざるを得ない。だから、少数意見をよく聞く耳と、切り捨てる勇気と、その両方を持っていないと、指導統率力に欠けるといことになります。

 このことは、最悪の時には自分ひとりでもやれる実力と気力を持っていることが大切だ、ということに結びつきます。「わしは一人でもやるんや」と表に出す必要はない。それはむしろマイナスでしょうが、一人ででも自分はやるというだけの実力と気力とを常に持っていたならば、自然に皆がついてきます。それが、指導統率力でありましょう。