v1.1
目次 | 第1章 | 第2章 | 第3章 | 第4章 | 第5章 | 第6章 | 第7章 | 第8章 | 第9章 | 第10章 |

木材流通とは

第10章 時代の流れを見る―60年代はデザインの時代、感覚の時代であり、木材業界にとっては連合の時代である

木材は軽薄短少でなく重厚長大で

しかし一方では、時代は軽薄短小に傾斜しつつあって、木材の使われ方もその方向に流されつつあるように思われます。だが、この流れに流されてしまうと、木材のよさは失われてゆくし、せっかく人々が木に安らぎを求めてきていることに反することになります。木の使い方は、軽薄短小より逆に重厚長大の方向へ向かわねばなりません。木は高価だと思っている大衆からすると、厚い、大きな材はすばらしい感動なのです。