v1.1

平井信二先生の樹木、木材研究

シビット属の樹木(その1)
1.シビット属の概要
 シビット属(メルパウ属、スイントニア属)Swintoniaはウルシ科Anacardiaceaeに属する。バングラデシュ、アンダマン諸島、ビルマ、タイ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、フィリピンにわたって、12種ほどが分布している。バングラデシュでcivit 、ビルマでtaung thayet、shitle、civit、タイでkhanthong shitle、priang、kayu mue yaeng、ベトナム、カンボジアでmuom、マレー、サバでmerpauh、サラワクでselan、pitoh、rengas、rengas pitoh、selan pitoh、selan merah、ブルネイでpitoh、rengas、インドネシアでkereta、rengas、フィリピンでkaluis、lomarauなどという。またマレーシア・インドネシア地域では、同科のGluta、Melanorrhoea、Melanochyla、Semecarpus属の樹木といっしょにしてrengasと呼ばれる ことがある。
 高さ40mときに54mまで、直径70cmときに1.2mまでになる常緑の小高木ないし大高木である。樹幹は円柱状で通直、枝下は20mときに25mまでになるが、基部にときに溝が入り、また険しい板根が出る。樹皮は紅褐色、緑褐色などを呈し、平滑または小 さい凹凸があるものから鱗片化するもの、ときにやや深い割れ目が入るものがある。皮目が見られる。内樹皮から黄色ないし深褐色の樹液を僅かに滲出するが、ふつう同科のGluta、Melanorrhoea属などのような著しい毒性はない。小枝その他は無毛であ る。
 葉はらせん着する互生の単葉で、しばしば小枝の先端で偽輪生状となる。全緑で、僅か肥厚した葉緑脉があり、無毛で、下面はしばしば灰白色を呈し、また乳頭様物をもつ。葉柄はやや長く、托葉はない。
 大きい円錐花序を腋生または頂生し、花は通常小くて疎らにつく、苞と小苞は脱落性である。雄花と両性花があるか、または両性花のみで、5数性、放射相称、しばしば芳香がある。がくは小く、5裂片が瓦重ね状につく。花弁は5個、瓦重ね状につき、 白色を呈し、果時には肥大して宿存する。花時は両面の一部または全面に細軟毛を布く。雄ずいは5個で、花糸は無毛、葯は側着する。花盤は5個の裂片があって腺体状、花糸の基部と流着し、それと互生する。雄ずいは1個、子房上位で1室からなり、胚珠 1個が基部の珠柄で下垂する。疎生毛を生ずる。雄花では不稔である。花柱は単一で、側出生、柱頭は頭状である。
 果実は石果で、卵形などを呈し、1室からなり、無毛である。基部に宿存して肥大した5個の翼状の花弁をつけ、このものは新鮮時にしばしば淡紅色または紅色を呈する。種子1個が含まれ、内胚乳は革質で、外種皮はこれと癒着している。胚は直生し、 子葉は離生、片面が平坦、他面が凸面をなす。幼生は地下ないし半地下発芽をする。  
2.シビット属の材の組織
 散孔材。辺・心材の区別は不明瞭で、材は灰白色、灰褐色、帯桃灰褐色、黄褐色、淡紅褐色などを呈し、外周部の辺材と思われる部分はより淡色で、中心に近い処はときに橙色、紅色の縞が現れる。生長輪はターミナル柔組織の存在でほぼ認めることが できる。木理は通直または交走し、肌目はおおよそやや粗で、均質である。特別な匂いと味はない。ときに部分的にリップルマークが認められるものがある。しばしば著しい引張アテが現れるものがある。
 道管は単独および2~3ときに8個までが放射方向ときに団塊状に接続し、分布数は2~10/mm2である。単独道管の断面形は円形から広楕円形で、道管の径は0.03~0.35mmを示す。せん孔板は水平ないし少し傾斜し、単せん孔をもつ。接続道管の間の相互壁 孔は交互配列をし、その径は0.010~0.016mmである。道管と放射組織との間の壁孔対は、壁孔縁がきわめて小くほとんど単壁孔で、大きく円形ないし縦または横に伸長した楕円形など不規則な形を呈し、配列も不規則である。チロースは見られないか、少 く、ときにやや存在する。
 材の基礎組織を形成するのは真正木繊維または不明瞭な有縁壁孔をもつ繊維状仮道管で、長さに0.6~1.4mmの記載例があり、径は0.01~0.025mm、壁厚は0.003~0.005mmである。
 軸方向柔組織では、周囲柔組織はふつう不完全で0~1細胞層、横断面でみてときに放射方向の片側に3細胞層まである。帯状柔組織は明瞭で、その出現間隔は生長輪の部分により疎密があり、放射方向の幅も不規則で多くは2~4ときに13細胞層まであり 、生長輪端のものはターミナル柔細織となる。ほとんどの道管は帯状柔組織と接触する。柔細胞ストランドは軸方向に多くは3~4細胞からなる。軸方向に5個以上の結晶を鎖状に連ねた多室結晶細胞が現れるものがある。柔細胞の径は0.01~0.05mm、壁厚は 0.001~0.002mmである。
 放射組織は1~2細胞幅で、単列に部分的2列を混じえるものもある。高さ5~35細胞高または以上である。部分的に層階状をするものがある。水平細胞間道を含むものは、接線断面で紡鍾形を呈し、最も幅が広い処で6細胞幅までとなる。構成はほぼ異性 で、単列部の大部分は大型の高さの短い直立細胞または方形細胞の層、他は丈が低い平伏細胞の層からなる。細胞内には樹脂様物質を含み、結晶が存在する。シリカはあるが出現は少く、径は0.012mm以下である。
 水平細胞間道は紡鍾形放射組織の中央に1個が含まれ、出現は少い。断面は楕円形などで、長径は0.06mmほどである。  
3.シビット属の材の性質と利用
 気乾比重に0.57~0.88の範囲の記載があり、0.65~0.80のものが多い。材質数値に次の報告がある。生材から気乾までの収縮率は接線方向1.5~2.0%、放射方向0.8~1.4%、縦圧縮強さ485~576kg/cm2、横圧縮強さ66~71kg/cm2、曲げ強さ989~1 ,102kg/cm2、曲げヤング係数16.0~18.5×10(4)kg/cm2、せん断強さ128~138kg/cm2、割裂抵抗は放射断面44~55kg/cm、接線断面54~72kg/cm、ヤンカ硬さは縦断面545~610kg。
 材の化学的組成はカリマンタン産のmerpauh材で、ホロセルロース81%、ペントザン11%、リグニン26%、冷水抽出物1.0%、温水抽出物5.0%、アルコール・ベンゾール抽出物1.5%、1%NaOH抽出物14.8%、灰分1.1%を示す。
 製材は一般に容易であるが、引張アテの著しいものでは挽き面に毛羽立ちを生じ、また鋸歯の歯づまりをひき起す。天然乾燥は比較的速く割れ、反り、捩れを生ずることは少いが、きわめて速く変色を生じやすいので、伐倒木はなるべく速かに製材し、 直ちに板材などを開放した堆積にする要があるとされている。人工乾燥も速い。鉋削はふつう容易で平滑な仕上げ面が得られるが、穿孔と旋削では様々の仕上げ面になってやや困難である。ロータリー単板切削は原木の前処理なしで良好に行われ、単板の 品質が良く接着も問題は少い。生材で黒色の樹脂を含むようなものは、製材と切削加工で眼や皮膚の炎症をひき起こすことがあるが、乾燥材ではないとされている。材の釘の保持はほぼ良いが、釘打ちで割れる傾向がある。曲げ加工は良好である。パーテ ィクルボードの製造に適しており、パルプ化にもほぼ問題は少い。心材は屋内使用では耐朽性があるが、外気・接地条件では耐朽性はない。ただし水に浸されているものではやや長くもつとされている。キクイムシの食害には抵抗性があり、白蟻と海虫に 対してはない。防腐剤の注入は心材相当部分はやや困難であるが、辺材は容易である。
 バングラデシュとビルマでは量的にも多いので有用材の一つであり、ことに合板用として一般的に用いられている。他の地域ではそれほど一般的な有用材ではない。用途をあげると、建築を含む構造材、フローリング、パネル、ドアー、窓枠その他の内 装・造作材、家具、器具、船舶ことにボートなどの竜骨、外板、箱と包装材その他があり、これらは合板の形で用いられるものも多く、また防腐処理して用いられるものもある。パルプの品質は良好で印刷紙、筆記紙、包装紙などとされる。パーティクル ボードも作られ、燃材にも用いられる。  
4.Swintonia helferi HOOKER FIL.
 Swintonia helferi HOOKER FIL.はビルマのテナセリウムとアンダマン諸島に生ずる。常緑高木で、葉は皮針形を呈し長さ15~25cm、側脉は24~30対あり、葉柄の長さは2.5~5cmである。  
5.Swintonia pierrei HANCE
 Swintonia pierrei HANCEはインドシナに生じ、ベトナムでmuom、xoai rung、カンボジアでmuom、sway kandolという。
 直径60cmほどになる高木である。材の気乾比重に0.64の記載がある。材は有用であるが、あまり多く生じていない。  
6.Swintonia schwenkii TEIJSMANN et BINNENDIJK ex HOOKER FIL.
 Swintonia schwenkii TEIJSMANN et BINNENDIJK ex HOOKER FIL.(異名Anauxanopetalum schwenkii TEIJSMANN et BINNENDIJK)はバングラデシュ、ビルマ、タイ、カンボジア、マレー半島、スマトラ、ボルネオに生ずる。バングラデシュでboilam boilsur、sambung、sanginphroo、shibika、ビルマでcivit、taung thayet、thayet san、thayet kin、shitle、タイでkhanthong、priang、kayu mue yaeng、マレーでmerpauh periang、merpauh、balau betina、membatu、サラワクでbaba chit、pitoh bukit、ブルネイでpitoh rengas、インドネシアでambago、galagensa、rengasなどという。
 高さ45ときに60.5mまで、直径70cmときに1.3mまでになる大高木で、スマトラでは森林の超高木層を占めるところがある。樹幹は円柱状で通直、板根は高さ3ときに8mまでに達するものがある。樹皮は灰褐色ないし紅褐色を呈し、平滑または小い凹凸が あり、ときに深い割れ目が入る。葉は長楕円形まれに楕円形で長さ7~16cm、幅3~6cm、鈍頭または短鋭尖頭、基部は楔形などを示す。やや革質で、側脉は14~18対あって下面で隆起し、無毛、下面に乳頭様物がないか、またはきわめてかすかに存在す る。葉柄の長さは3.5~6cmで、上半部の上面は平担または溝がある。
 円錐花序は小枝の先端付近で腋生し、長さ10cmほど、疎らに分枝して幅は狭い。花は径が2.5mmで短い花梗をもつ。がくは半分ほどまで裂片化する。花弁は長楕円形で長さ2~3mm、鈍頭、基部は楔形、両面に細軟毛を密布する。石果は卵状長楕円形また は楕円形で長さ1.8~2cm、宿存して肥大した花弁は長さ5.5~7cmで反捲する。
 散孔材。材は灰白色などを呈する。道管孔の大きさは中位、放射組織はやや広いものがあり、ときに放射断面でとらふもく(虎斑杢、silvergrain)をあらわす。
 材の気乾比重に0.60~0.81の範囲の記載がある。材質については次の報告がある。生材から気乾までの収縮率は接線方向2.0%、放射方向1.4%、気乾比重0.72(含水率17.5%)のもので、縦圧縮強さ485kg/cm2、横圧縮強さ66kg/cm2、曲げ強さ989kg/cm2 、曲げヤング係数16.0×10(4)kg/cm2、せん断強さ138kg/cm2、割裂抵抗は放射断面55kg/cm、接線断面66kg/cm、ヤンカ硬さは縦断面571kg。
 材はバングラデシュ、ビルマ地域でcivitとして利用され、マレーシア地域ではmerpauh材の供給源の一つである。  
平井先生の樹木木材紹介TOPに戻る