v1.1

平井信二先生の樹木、木材研究

キバナヨウラク属の樹木
14.Gmelina chinensis BENTHAM
 Gmelina chinensis BENTHAMは支那南部に生じ、中国名を石梓という。
 高さ3~12mになる小高木出、樹皮は暗灰色を呈し粗ゾウである。小枝は太く、初め黄褐色を被るが後無毛に近くなる。葉は卵形、卵状楕円形で長さ5~15cm、幅3~9cm、鋭尖頭、基部は楔形ないし広楔形を示す。厚い紙質または紙質で、全縁、基部から3 出脉を出し側脉は3~5対である。上面は無毛、下面はやや灰白色を呈し、細軟毛と腺点を散生するか、またはほとんどない。葉柄の長さは2~5.5cmで初め細軟毛をもつ。
 集散小花序が複成して頂生の円錐花序になり、総花序柄は長さ5~10cmで有毛である。葉状の苞をつけるが早落性である。がくは鐘形で長さ5~12mm、全縁または4個の小牙歯があり、外面に毛と灰白色の腺点を布き、また数個の黒色盤状の腺体をもち、 内面は無毛または疎らに腺点がある。花冠は漏斗状で長さ3~3.5cm、白色またはやや紅色を帯び、先の方で通常4裂ときに5裂し、これらはほぼ同大である。外面に腺点を疎生し、内面にも散生する。雄ずいは2強の4個で、花糸は扁平、疎らに腺点を生ずる 。子房は倒卵形で、上部に灰白色の細軟毛を密布し、下半部は無毛平滑である。花柱上部はまれに疎らに腺毛はあり、下方は無毛、柱頭は不同長に2裂する。石果は倒卵形で長さ2.2cm、頂端は平坦になる。  
15.Gmelina delavayana P.Dop
 Gmelina delavayana P.Dop(異名Gmelina montana W.W.SMITH)は支那四川・雲南省に産し、石灰岩地や乾燥した荒蕪地に生ずる。中国名を小葉石梓という。
 高さ0.3~3mの低木で、小枝は円柱形で細く初め細軟毛はある。葉は広卵形または卵状菱形で長さ1.5~5cm、幅1.2~3.3cm、鋭尖頭、または小尖頭をもち、基部は楔形から広楔形を呈してやや偏る。全縁または中部以下に1~2個の粗い鋸歯がある。側脉は 3~4対あり、上面は無毛、下面は灰白色の腺点を密布する。葉柄の長さは0.3~0.8cmである。
 花は1~3個、ときに7個までは集散小花序をなし、これらが複成して腋生または頂生の円錐花序になる。小花序の基部に葉状の苞をつけ、花梗は短く、その頂端近くに1対の皮針状の小苞をつける。がくは鐘形で長さ6~8mm、5個の牙歯があり、灰白色 の腺点と少数の黒色盤状の腺体とをもつ。花冠は紫色、紅紫色または青色を帯び、漏斗状の2唇形をなし長さ3~4cm、上唇は短くて全縁または2浅裂、下唇は3裂して中裂片が大きい。両面とも疎らに腺点がある。雄ずいは4個の2強雄ずいで、花糸に疎らに 腺点をもつ。子房は疎らに腺点があり、花柱は無毛、頂瑞は不同長に2裂した柱頭となる。石果は倒卵形で長さ1~1.5cm、宿存して肥大したがくがその基部1/4を包む。中果皮は肉質で乾いて黒色となる。  
16.ハイナンヨウラクの概要
 ハイナンヨウラクGmelina hainanensis OLIVERは支那の江西省南部、広東(海南島を含む)・広西両省に生じ、中国名を苦梓、海南石梓、石梓、石積、個片公という。
 高さ約15m、直径50cmまでの半落葉高木で、樹幹は通直である。樹皮は灰褐色などを呈し、縦の割れ目ができて片状で剥落する。若枝には黄色の細軟毛を被る。葉は卵形、広卵形で長さ5~16cm、幅4~8cm、全縁でまれに1~2個の粗い鋸歯がある。短鋭尖 頭ないし鋭頭、基部は楔形から切片を示す。厚い紙質で、基部から3出脉を出し側脉は3~4対ある。上面は無毛、下面は粘質の細家を密布し青緑色を呈する。葉柄の長さは2~6.5cmで細軟毛を被る。
 集散小花序が複成した円錐花序を頂生し、その総花序柄の長さは6~8cmで、黄色の細軟毛を布く。花序につく苞は葉状で卵形または卵状皮針形、長さ0.8~1cm、両面に灰色の細軟毛と盤状の腺体をもつ。がくは鐘状で長さ15~18mm、2唇形にわかれて5歯 があり、外面に細軟毛と腺点がある。花冠は漏斗状で長さ3.5~4.5cm、紅白色、紅色ときに黄色で、中心が濃色となる。2唇形で、上唇が2裂、下唇が3裂し中裂片が少し長い。両面に灰白色の腺点がある。雄ずいは4個の2強雄ずいで、花糸は扁平、疎らに 腺点があり、葯の背面にも疎えらに腺点をもつ。子房はおおよそ細軟毛を布く。石果は卵形、倒卵形で長さ2~2.2cm、上端は平らになる。宿存し三日月形に開出したがくの上にのる。中果皮は肉質である。  
17..ハイナンヨウラクの材の組織、性質と利用
 材はほぼ散孔材であるが、半環孔材という記載がある。木理はほぼ通直、肌目はやや精である。道管の大きさはキダチヨウラクGmalina arborea LINNAEUSよりも小さく、接線方向の最大径は0.17mmまたは以上であるが、多くは0.06~0.15mmである。放射組織は単列のものがきわめて少なく、その構成は異性である。細胞中に針状結晶を含むことはきわめて少ない。
 材質数値に次のものがあげられる。気乾比重は0.69で、同属の他種にくらべてかなり大きい。含水率1%あたりの平均の収縮率は、接線方向0.29%、放射方向0.20%、体積0.53%、曲げ強さ820kg/cm2、プリネル硬さは横断面6.15kg/mm2。
 製材、鉋削などの切削加工は容易で、鉋削面は光沢がある。乾燥は遅いが割れ、狂いなどの品質低下が出ることは少なく、その後の寸法は安定する。接着、塗装に問題は少なく、釘打とでは割れが少なく保持力は中位である。耐朽性はやや大きく、キク イムシ、海虫に対する抵抗性があるとされている。
 建築構造材・造作材・家具・キャビネット、器具、農機具、箱・容器・包装材、楽器、木履、模型、旋削物、彫刻その他に用いられ、またロータリー単板およびスライド単板による合板の形でも利用される。ファイバーボード、クラフトパルプの原料に も用いられる。  
18.Gmelina lecomtei P.Dop
 Gmelina lecomtei P.Dopは支那雲南省、ベトナム、ラオスに産し、中国名を越南石梓、葫蘆樹という。
 高さ15mにまでなる高木で、若枝は方形、やや扁平で稜があり、初め黄色の細軟毛を密布する。葉は卵形、卵状楕円形で長さ9~20cm、幅6~12cm、鋭尖頭または鋭頭、基部は広楔形から円形を示す。全縁で、側脉は3~4対あり、細かい網脉が凹凸になっ て蜂窩状を呈し、上面の脉以外は無毛、基部に1束の黒色盤状の腺体をつけ、下面は灰緑色を呈し黄褐色の細軟毛と灰白色の腺点を布く。葉柄の長さは6~7cmで黄褐色の軟毛を被る。
 数花をつける集散小花序は複成して頂生の円錐花序になり、これにつく苞は線形、線状皮針形で長さ0.5~0.7cm、細軟毛を密布し、黒色盤状の腺体があり、早落性である。がくは鐘形で長さ約10mm、頂端は全縁または不明瞭な5個の牙歯があり、外面 に疎らに長軟毛と灰白色の腺点をもち、まれに黒色盤状の腺体がある。花冠は漏斗状で長さ約3cm、黄色を呈する。喉部で拡がり、先は5裂し、裂先は同大に近く円頭である。雄ずいは4個の2強雄ずいで、花糸は扁平である。子房は卵形で細軟毛があり、花 柱に腺点を疎生し、柱頭は2裂する。果実は倒卵形で長さ2.5~4cm、上歯しは平らになる。中果皮は肉質、内果皮の核は木質である。  
19.Gmelina szechuanensis K.YAO
 Gmelina szechuanensis K.YAOは支那四川省産で、中国名を四川石梓という。
 高さ12mまで、直径約20cmの落葉高木で、樹皮は暗褐色を呈する。小枝は円柱形で細く、幼時白色の微軟毛を被る。葉は卵形、倒卵形で長さ5~9cm、幅4~6.5cm、鈍頭ないし鋭尖頭、基部は楔形、広楔形でやや偏る。紙質で、全縁、側脉は3~4対あり、上 面は無毛に近く、網脉が突起する。下面は灰緑色を呈し、疎らに細軟毛があり、また腺点を密布する。葉柄の長さは2~5cmで細軟毛を被る。
 花序は頂生し、花序軸に灰色の細軟毛を密布する。宿存性の苞があり、円形ないし広卵形で長さ1~2cm、外面に細軟毛と腺点を密布し、内面は細軟毛を疎生、柄の長さは約5mmである。がくは不等の4または5歯があり、外面に細軟毛を疎生、内面は無毛 である。子房は卵形で無毛である。石果は倒卵形で径は1~1.5cm、中果皮は肉質で乾いて黒色となる。がくが宿存して大きくなり、果実を全く包む。その先は4~5個の浅い裂片のなっている。
平井先生の樹木木材紹介TOPに戻る