まとめ


20年間に人の木に対するイメージはどのように変わっていったか
 基本的に変わらないもの
  年月に関係なく 圧倒的に「あったかいもの」というイメージである。20年前と同じ結果であった。

 一般的に木材についての知識が増えた
   理由   「盲目的に木がすばらしい」という分類と 「木は悪いものだ」という分類の人数が減り、
        木はよいものだけれども、欠点もあるという人数が増加している。
        これは20年間に住宅メーカーや木材業界が、何かにつけてイベントやパンフレット、広告など
        で木のPR をした結果からだと推察できる。

 木のイメージパターンもあまり変化せず
  人々の木のイメージパターンは、20年の歳月が経過してもほとんど変わらない。
  8項目なら理論上256種類の組み合わせがあるが、「あたたかい」「生き物」「ファッション的」の3つの
  要素だけで60%を超えてしまう。

今回調査
有効回答1046人
前回1982年調査 
有効回答953人

81種のパターン 74種のパターン
あたたかい+生き物
276人
26%
119人
12.5%
あたたかい
167人
16%
146人
15.3%
あたたかい+ファッション+生き物
79人
8%
52人
5.5%
あたたかい+ファッション
67人
6%
113人
11.8%
あたたかい+生き物+腐る
35人
3%
14人
1.5%
あたたかい+生き物+高い
34人
3%
21人
2.2%


1982年

2002年

木材業界と一般人との違いは
  基本的にはあまり違いはなかったが、ひとつはっきりとした違いがある。

 「悲観的な木材業界人」
  木材関係者の50歳以下の人は木をファッション的ととらえていない。
  一般人の方がファッション的ととらえている。
  また、業界人の方が一般の人より、木というのは古臭いものと考えている。
  この2つの項目は相反しているが、実は同じ内容のことを示している。

  「ユーザーからは認められているにもかかわらず、「木」を業界人は悲観的に受け止めている。