ロゴ
元手が、いらない。
しかも利益は膨大。
相手に与えても減らず、しかし与えられた者は豊かになる。
ほんの少し見せれば、その記憶は永久に続くことがある。
どんな金持ちもこれなしでは豊になれない。
どんな貧乏人もこれによって豊かになる。
家庭に幸福をもたらし、商売の成功をより近付ける。
友情の合言葉でもある。
疲れたものにとっては休養、失意の人にとっては光明、
悲しむものにとっては太陽、悩める者にとっては自然の解毒剤となる。
盗むことも、 強要することも、買うことも、借りることも出来ない。
無償で与えて始めて値打ちが出る。
クリスマスセールで疲れ切った店員のうち、
これをお見せしない者がございました節は、
恐れ入りますが、お客様の分をお見せ願いたいと存じます。
笑顔を使い切った人間ほど、笑顔を必要とする者はございません。
THE VALUE OF A SMILE AT CHRISTMAS
It costs nothing,but creates much.
It enriches those who receive,without impoversihing those who give.
It happens in a flash and the memory of it sometimes lasts forever.
None are so rich they can get along without it,and none so poor but are richer for its benefits.
It creates happiness in the home,fosters good will in a business,and it the couintersign of friends.
It is rest to the weary,daylight to the discouraged,sunshine to the sad,and Nature's best antidote for trouble.
You it cannot ve bought,begged,borrowed,or stolen,
for it is something that is no eartyly good to anybody till it is given away.
And if in the last-minute rush of Christmas buying some of our salespepole should be too tired to give you a smile,
may we ask you to leave one of yours?
For nobody needs a smile so much as those who have none left to give!

参考資料
・1933年ニューヨークのオッペンハイム・コリンズ社クリスマスセール広告(フランク・アーヴング・フレッチャーの哲学)より  
・HOW TO WIN FROEMDS & INFLUENCE PEOPLE より  
・デール.カーネギー「人を動かす」1936年発刊 日本では昭和33年発刊 より
・中川木材産業社内イントラネット ¥会社マニュアル¥行動指針¥4つの意識より

 当社でも笑顔を実践しています。

 なぜ笑顔はこんなに効果があるのでしょうか?