v2.1

神谷のインドネシア点描

ドリアンの季節

小職は相変わらずインドネシアの町を ほっつき歩いております。
雨期に入りスマトラ島ジャンビ市でも ドリアンの香りがする季節となりました。
道の両端にズラリとドリアン売りが並んで おります。
香りはここから漂って来るのです。
飯塚先生にお見せしたいです。
このドリアンは一個5000ルピア(63円)ほど。
東京の有名な果物屋で15000円(120万ルピア) で売っていると教えると、皆驚いておりました。
明日から名古屋大学山本先生と学生さん達、 住林松根さん、ガジャマダ大学ヌグロホ先生という 懐かしい面々をお連れして場所を移しセレベス州 マカッサール(旧名ゥジュンパンダン)へ飛びます。
明後日は車で6時間北上してトラジャの麓、 パロポという田舎で植林木調査のお手伝いです。
これが終われば今年の仕事も無事終わります。
皆様、良いお年を!!! ジャンビにて 
ジャンビのドリアン売り

ジャンビのドリアン売り
インドネシア点描Topにもどる