v2.1

神谷のインドネシア点描

ジャンビの街角で偶然見つけた天使です。

イスラム服を着てお母さんとおぼしき人に抱かれ、 小職の目にはまさに天使が微笑んでいるように 見えました。
インドネシア人の子供は目がパッチリしていて 小さい頃は誠に可愛いものです。
まして小職のようにインドネシアへの駐在続きで 小さき頃の我が子と一緒に居れなかった者にとっては、 見られなかった我が子の幼き頃を他人の子に写して 見ようとする癖が出るのでしょう。
『自分の子も、こんなんだったんだろうか…』 50を過ぎてからやたらと幼子の様子に目が行くのです。
こんな天使を手に掛ける親が人類には居るのですね。
日本人とは特定しません。
インドネシアにもおります。
親の子殺し、子の親殺し… このように可愛い子を手に掛ける人の心境はどのような ものでしょうか? 頭が真っ白になり気が付いたら手に掛けていた、と言う 類のものでしょうか? そうであって貰いたいと思います。
素面で手に掛けられる人が居る事を信じたくありません。
人間はそこまで悪くなってはいけないのです。
動物は狭い空間に密度高く入れられると子孫保存の 本能に導かれ共食いを始めるそうです。
狭い地球に溢れる人間という動物が、このような本能を 発揮しないように願わずにはおれません。
新しき年を迎えて、世界中の街角で天使の微笑みを 目にすることが出来ますよう、祈っております。
インドネシア写真  スマトラ島ジャンビ市にて topにもどる