v2.1


写真の上でクリックするとズーム拡大
します。再度のクリックで戻ります。

神谷のインドネシア点描

『鳥インフルエンザの猛威』・・・の巻き

インドネシア人の友人に『インドネシアでも世界一が有るぞ!』と冗談を 言いましたら彼等は真面目に頭をひねっておりました。
インドネシアで世界一とは何だろう?、そんなものあるわけがない・・・と。 答えは『鳥インフルエンザの犠牲者数』と言ってもピンと来ないようです。 余り話題になっていないのです。
NHK海外放送がインドネシアで鳥インフルエンザが猛威を振るっており 犠牲者も世界最多の105人、滞在邦人は十分注意をするように・・・、 と云うショッキングなニュースを連日流し続けておりますが、残念ながら インドネシア国民の目には全く触れません。
インドネシア写真
インドネシアはイスラム教国なので教義上豚を食しません。 牛は食べますがあまり一般的ではありません。まだ羊のほうが庶民には 馴染みが深そうです。サテカンビンは羊肉の串焼きです。 一番好んで食べられている動物性蛋白は鳥です。 こちらではアヤム(鶏)とかブルン(鳥)とか呼びます。 ちなみにインドネシア料理の代表格『アヤムゴレン』は地鶏の唐揚げ、 サテアヤムはインドネシア流焼き鳥(タレはピーナッツソースです。) そして、『ブルンダラ』はハトの料理です。
村々の道や家の庭には鶏が放し飼いにされておりこれをアヤムカンポン (田舎の鶏)と呼び、鶏舎で飼われているブロイラーとは区別しております。 ちなみにアヤムカンポンは空中を飛びます。 アヤムカンポンのアヤムゴレンは美味しいですよ! 肉は少ないけれど運動しているので締まっており味が凝縮しております。 野菜と魚しか食べれないような貧乏な家庭でもお客が来ればアヤムゴレンを 奮発します。ステーキでもチキンステーキが好まれます。
本当に美味しいアヤムカンポンですが、若い子はブロイラーを調理した 柔らかい歯ごたえのフライドチキンが好きです。 こんなに地鶏の美味しい国でKFC(ケンタッキー・フライドチキン)が流行る わけない、と昔は冷ややかな目で見ていたのですが、瞬く間にインドネシア 全土にチェーン店が広がりました。 ジャンビにもCFC(カリフォルニア・フライドチキン)のお店があります。
こんな鳥好きの国ですから身の回りにいつも鶏がいます。 日本と違って普通の家庭でも生きた鶏を買って主婦が自分で裁き調理します。 このような環境に住んでいるのですから鳥インフルエンザが蔓延するのも 頷けます。世界で一番犠牲者が多いのも当たり前です。 では、どうしてインドネシアでは余り話題にならないのでしょう? 小生の少ない経験と豊富なデータを元に割り出した結論は以下の通りです。 ①連日ジャワでは洪水が発生、あの有名な『ブンガワンソロ(ソロ河)』でさへも   洪水を引き起こして避難民を大量に発生させております。
②火山も負けじと噴火します。
③スマトラ島では今でも地震が頻発しています。
・・・・・まさに天変地異、水攻め、火責め、大地鳴動・・・・
④ミートボールにホルマリンが混ざった・・・、牛乳に毒物が入った・・・
⑤衝突事故はバスで数十人、電車で数百人、船なら数千人が死にます。
⑥格安飛行機は操縦ミスと警備不足でポトポト落ちます。
⑦パーム農園開拓の付け火で森林火災を起こし煙霧を撒き散らします。
⑧スラム街では立ち退きを迫る替わりに(政府の手による火付け、と思われる)   大火災や政府の手による打ち壊しが頻繁します。
そして真打は・・・
⑨手抜きボーリングで丸ごと街を泥の海に沈めてしまいました。
・・・・このような人災も後を絶ちません・・・・
こんなインドネシアで、不遜な言い方ですが、たかが105人死んだからと云って 一体何ぼのもの・・・?、てな認識です。
ウイルスが変異して人間にうつるようになると世界的流行を呼び何十万の人々が 犠牲になる、・・・とは、教えられていないのです。
『ジャカルタの住宅街で鶏の放し飼い禁止』、嘘?!・・・どこの国の話???
インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真インドネシア写真

topにもどる