銀杏(いちょう)


葵紋の徳川家も以前は銀杏紋であったといわれています。


ちゅうわにみついちょう①

ちゅうわにみついちょう②

かげのみついちょう

ちゅうかげみついちょう

こくもちじぬきみついちょう

いとわにみつつるいちょう

まるにけんみついちょう

みつよせいちょう

みつくみあわせいちょう

みつじくちがいいちょう

だきいちょう

むかいいちょう

ひしみついちょう

みついちょうびし

かわりむかいいちょうびし

ふたついちょうびし

つるいちょうびし

むかいいちょうびし

みつわりいちょう

いれちがいわりいちょう


みつおいいちょうにかたばみ

みつかわりかさねいちょう

いとわにいんようふたついちょう

みつおいいちょうどもえ

ふせんいちょう

ちゅうわにひとついちょう

ついつおいいちょうにはなびし

わちがいいちょう

ろっかくみついちょう

いとわにまめみついちょう

かしらあわせみついちょう

ちゅうかげみつくみいちょう

いちょうあげは

かわりいちょうちょう

ふたばえだいちょう

いちょうづる

ふたつちがいいちょう

えひとついちょうとも

まるにけんみついちょう

よついちょう

あすかいいちょう

みつおいいちょうにつた

いつついちょう

いつつじくちがいいちょう

いちょうえだまる