v2.1

木と香り|

現在香料として利用されている、樹木をピックアップ

葉から | 樹幹、木部 | 花から | 木皮および根 | 果皮または果実 | 分泌物 | 香辛料として利用 |

木皮および根から香料のとれるもの


桂皮油 Cinnamon Bark Oil

>本植物は、くすのき科のCinnamomum
zeylanicumでセイロンが主産地で、インド、ビルマなどにも成育する10~15米の喬木であるが潅木仕立てにして、小枝の内皮を乾燥し原料とする。水蒸気蒸留により採油されるが、主に桂皮として輸出され、輸入先でそのまま消費されるか、採油されるのが普通である。精油の主成分はシンナミックアルデヒド(最高75%)で、カシア油と異なるのはオイゲノールを4~10%含むことである。食品、菓子、薬、飲料(コーラタイプ)、口中剤用フレーバーとして用いられているが、正確な年産量は不明である。本樹の葉を水蒸気蒸留すると桂葉油Cinnamon Leaf Oilがえられるが、80~90%のオイゲノールを含むため桂皮採取の副業としてセイロンその他で採油され、クローブ油と競合している。