.

木のこころTOPに戻る

住宅の洋風化はどうしてすすんだか

日本の文化破壊と住宅の洋風化

住まいの文化の再創造へ

私達は、洋風化に始まるこれまでの住宅の全て を否定するつもりはありませんが、考えてみるべ き点は、第一に、それが、住まい手の要求からの 住宅であったのか、第二に、日本やその土地の気 候風土に見合ったものだったのか、第三に、人間 関係の最初の最小単位としての家族の和と健康を 考えたものであったのか、にあると考えます。
<  これらについて、ハウスメーカーを主にしてす すんできた洋風住宅化は、基本的には否と考えざ るを得ないのではないでしょうか。
<  まず第一は、一貫して造り手の都合から出発し、 流行を煽ることで購買心をかきたて、営業戦略に のせられたものが多く、住宅が企業利益の具とさ れていたといえるでしょう。
第二は、日本の文 化や気候風土に関係なく持ち込まれたもので、そ れにより、日本の文化の変質が意図され、住宅に 必要以上の装備が求められてしまったと言えます。
<  第三は、「個」を主体にした西洋文明の下で、 家族の和を阻み、他の要因とも絡んで母子の断絶 や核家族化に手を貸すものであったし、住まい手 の健康よりも利益追求が優先させられたというも のではなかったでしょうか。
<  戦後50年余日本の住まいづくりは、日本の伝統 や文化とは異質なところへと意識的にミスリード されてきたのです。
 大切なことは、日本の気候風土に見合った住ま いづくり、住む人の立場に立った住まいづくり、 地場の発展と結びついた住まいづくり、そして健 康を育てる住まいづくりのはずです。
それは、森 の民、木の文化の民族の心を受け継いだ木の住ま いづくりで、新しい文化の再創造をめざすもので あろうと思われます。
 先にも触れたように、過去の全てを否定して昔 に返れというべきではないでしょう。
<  島国日本の文化の多くは、かつて大陸からの渡 来文化でした。
私達の祖先はそれを自然に受け入 れながら、日本に見合った文化へと発展・昇華さ せ、日本の文化として完成させてきています。
和歌山木材協同組合のホームページです。協同組合、木材知識、各種資料、木成クラブ、和木成、全国の木のイベント情報、全国の木のwebニュースなどがあります。協同組合では、組合名簿、組合企業紹介、組合定款、組合沿革・歴史、役員名簿、組合行事案内、写真集・今昔、スマイルウッドニュース、過去のトピックスが。木材知識では、和歌山木材史、和歌山林業古来搬出方法、木材と地球環境、県内木造施設の実例集、木のリンクが。各種資料では、長期優良住宅、補助金、林業・木材金融制度、日本農業規格、集成材の日本農業規格、和歌山県内のJAS認定工場、林野庁・国土交通省告示、違法伐採対策、合法性・持続性可能の証明、住宅関連の法律などが掲載されています。ホームページは 和歌山木材協同組合  です。
.

木のこころTOPに戻る