.

木のこころTOPに戻る

「土壁」癒しの健康素材と健康づくり

人類が文明生活を始めて、最初に 出現する加工用具は土器とされてい ます。
その材料となる土をナマのま まで利用したものが土壁で、そこか ら左官の技術も始まりました。
これ らの素材は、可塑性、展伸性といっ た優れた性能を持っていたことから 広く建築技術のなかで利用され発展 していったものと考えられています。
 左官と言う名称が使われ始めたの は文献上では、坂口家文書の「室町 殿実録永享八年」というのが最初で、 ついで元和元年に本光国師日記に 「左官助三郎」とあるのがそれと言 われています。
 左官の呼称は、少なくとも桃山時代以前からあったものと思われますが、巷にゆきわたったのは江戸時代とされており、それまでは泥工・砂官・壁大工等とも呼ばれていたそうです。
 古くから日本文化に深く浸透していた土壁は建築様式の洋風化にともないその数は急速に減少し、最近ではコンクリートやモルタル壁にクロス貼りの壁を想像されることと思います。
壁とは人々を風雨から守る役目があれば良いようですが、左官が塗る「塗り壁」は、社寺等を見れば分かるように、心(わび・さび)を含んだソフトで、耐久力があり、しかも健康的な役目をもっています。
 ほんの数10年前までは当たり前のように使われていた土壁。
その優れた性質が現在の自然志向、健康志向の流れの中で脚光を浴び始めています。
今回はそんな癒しの健康素材としての土壁にせまり、いかに日本の気候風土に適した素材であるか、再認識して欲しいと考えています。
 土壁がなぜ健康に良いかというと、 第一に考えられるのは高い調湿性能にあると言えます。
日本の気候風土はご存じの通り温暖多湿のため、最近の乾式建材で作られた高気密高断熱の壁では結露によるダニの発生が問題となっています。


壁には乾式工法と、湿式工法があ ります。
最近の壁材にはほとんどが 工場生産による加工材が使われてお り、これらの資材による施工を乾式 工法といいます。
一方湿式工法は、 水を媒体として拵えた材料で塗る事 を言います。
水を使用して壁を塗る ため乾燥した壁が湿度を調整するこ とで部屋に潤いを与えるのです。
 このように湿式工法である土壁は 自然素材であるため、その資材その ものが持つ吸放湿力が自然調湿の役 目をするので健康的と考えられてい ます。
特に最近では超多孔質性の資 材「珪藻土」の開発によって、健康 壁イコール珪藻土壁といわれるくら い注目されてきており、本誌創刊号 でも既に紹介しています。
最近の住宅は高気密高断熱である ため、温度・湿度の調整をエアコン や換気扇に頼る割合が高くなってい ます。
日本の気候を考えるとその矛 盾に気づくはずですが、大手ハウス メーカーを筆頭にそれが現在の主流 としてまかりとおっています。
 本来、日本の住宅には昔から温暖 多湿の気候風土に適応した部屋づく りが確立していました。
その中心が 木材と土壁であったはずです。
その いずれの材料も自らが呼吸できる素 材であるため、自然の状態に温度・ 湿度を調節することで快適な住空間 をつくり出していたのです。
 土壁材料には、このように吸放湿 性能に優れているだけではなく、室 内空気中の有害物質を吸着する効果 も備えていることが、滋賀職業能力 開発短期大学校住居環境科の杉本誠 一講師の実験によって明らかにされ ました。
 実験ではアンモニアとホルムアル デヒドを吸着対象物として測定が行 われ、どちらの有害物質に対しても 高い吸着効果が確認されています。
 さて、これまでは住宅内部の壁に ついて言及してきましたが、当然壁 は外にもあります。
そして健康への 影響は外部の壁についても関係があ ります。
最近の家では、外壁も乾式 工法で施工される事が多くなってい ます。
当然ながら壁面には継ぎ目が あり、その継ぎ目から雨が漏れる事 例が最近多くなってきています。
壁 材の中には保温材が入っていますが、 その保温材に水分が多くなると重く なって壁の隙間、特に下の部分に溜 まってしまいます。
この保温材は水 分を発散させませんので、非常に衛 生的に悪く、ダニ等が発生しやすく なるのです。

その点土壁には継ぎ目がないので、 この様なことはおこりません。
また 健康面ばかりではなく、火災においても土壁の優秀さを知ることができ ます。
 外部の壁に関しては、乾式・湿式 いずれの施工の場合でも耐火性に問 題はないのですが、特に水を媒体に 塗られた土壁は適度な水分を保有し ているため、燃えにくい性質を持っ ています。
しかし、不幸にも火災が 発生した場合、もっとも重要なのは 内部の壁で、その役割は人間の命に 関わる問題となります。
 火災での死亡事故のほとんどが 「煙害」によるものだといわれてい ます。
乾式材による有害物質の発生 が避難の妨げとなり、炎から逃げる よりも先に、煙にまかれて命をおと すというケースが目立ちます。
ホテ ルなどの火災で多数の死者がでるの もそのためとされています。
その点、 土壁などの「塗り壁」は殆ど燃えず、

有害な物質を発生させませんので煙やガスで命を落とすようなことはま ずなく、安心できます。
このように土壁は、健康的という事だけではな く、人の命や財産を守る役目も果たしてきたのです。
さらに環境という 観点から見ても土壁をはじめ「塗り壁」と呼ばれるものの資材関係には、 ほとんどがリサイクル出来るものを使用していますし、セメント系統の材料にしても廃棄・焼却のいずれに おいてもダイオキシン等の有毒物質 を排出しません。
壁として使用する時は健康に優し く、リフォーム等で解体する時には 環境に優しいものとして人類に貢献 できる材料と言えるのです。
 このように優れた性質を持つ土壁 ですが、実際に施工するにあたって は、様々な現実的な問題があるのも 事実です。
最大の問題点と言えるの は、湿式材の宿命ともいえるその工 期の長さとコストについてです。
 いくら良いものでも従来の工法の ままではこれ以上の普及には限界を 感じます。
しかし最近ではこの問題 をクリアすべく、「乾湿工法」とい う新しい工法が誕生しています。
下 地材に石膏ボードなどの透湿性のあ る乾式材を使用することで工期の短 縮をはかり、同時に費用を抑えるこ とも可能にしました。
また吸放湿性 能においても旧工法に近い数値をだ すことに成功しており、関係者の期 待は大きくなっています。
 土壁などの左官壁は高値になると の感じがありますが、その性能と耐 久力を考えれば建築時に少々高くつ いても永い目でみれば安いことが分 かります。
それは各地に残る茶室・ 社寺・城郭の壁が証明しているとお りです。
一度塗れば何十年、何百年 ももつものが左官の壁なのです。
日 本の壁だけでなく大正時代に建てら れた洋式建築からもこれは理解でき ると思います。
 土壁は日本の気候風土のなかから 生まれた人間の知恵の産物で、これ らの壁を芸術化したものが茶室であ り、社寺の壁といえます。
最近になって土壁が注目されてき たことはなにも実用的な性能ばかり が求められたからではありません。
精神的なもの、土の温もり、素朴な 味に魅力を感じる人が増えてきた結 果と言えます。
そして若者の中には 「左官のアート性」に魅かれ、興味 を持つ人も出てきていると聞きます。
   茶室を完成させたのは茶道の大成 者、千利休と言われています。
その 利休が、土壁の茶室にかけられた掛 け軸を見て、「荒壁にかけものおも しろし」と謳った記録が残っていま す。
土壁の持つ味わいが、この一節 に凝縮されているのが読みとれるの ではないでしょうか。
世界の7979種もある樹木のレッドリストを日本語で調べられるようにしています。フレームを利用するタイプと通常リンクで利用するタイプの二通りの利用方法があります。科名(英語)、科名(和名)、学名(属種)、命名者、標準和名、年度(年版)、カテゴリー、その基準、標準英名、標準フランス名、標準スペイン名、基準の説明、ワシントン条約の項目があります。カテゴリーとはレッドリストの絶滅度の度合いを区分けしたもので、その解説を基準の説明でしています。これは国際自然保護連合(IUCN)のデータを参照し引用したもので、日本語訳にしてくれておりわかりやすいです。ホームページは 世界の木 レッドリスト調査日本語版 です。
.

木のこころTOPに戻る