.

木のこころTOPに戻る

マイナスイオンの秘密

マイナスイオンのマジカルパワー

 

有害物質や嫌な臭いを取り除くマイナスイオン
シックハウス病にも効くマイナスイオン
  最近ではテレビコマーシャル等でも「マイナスイオン」と言う 名前を良く耳にするようになってきました。
大手の電機メーカー などもマイナスイオンを発生するエアコンなどを大々的に販売し ているようです。
ようやく市民権を得てきたマイナスイオンの可 能性に期待しています。
私たちの周りには、新建材や接着剤のほかに、食品添加物や衣 類、その他のビニール製品など、アセトアルデヒドや嫌な臭いな どの有害物質を発するものが多数あり、化学物質過敏症のもとと なる物質と考えられています。
これらの物質は、皮膚や肺を通して体のなかに入り、やがて肝 臓に蓄積されます。
すると肝臓ではP450という酵素が毒物処 理のために大量生産されますが、この酵素自身がアトピーや炎症 を作り出す原因になってしまうのです。
したがって、いくら見た目には美しい新築の家でも、大変な危 険を与えてしまうことになりかねません。
悪臭や化学物質は、すべてプラスイオンに帯電しています。
だ から、マイナスイオンを吹き付ければ、それらの悪臭や接着剤な どの揮発性の有害物質などは、マイナスイオンにキャッチされ、 床に落ちてくることになります。
帯電が解けた物質や揮発性の分 子量の小さな物質はプラスイオン化した床に付くことになり、し たがって後で床を掃除さえすれば、部屋はきれいになるのです。
もう少し詳しく説明すると、マイナスイオンで満たされた部屋 のなかは、当然、空気全体がマイナスになるので、逆に部屋のま わりの壁や床はプラスイオンに帯電します。
しかし、プラスイオ ンに帯電している空気中の細かい塵や、悪臭のもととなっている 化学物質は、空気中のマイナスイオンがくっついて中和され、そ の重さゆえに壁にはつかず床に落ちることになります。
したがっ て、床を掃除すれば部屋はきれいになるし、揮発性の物質もまっ たくなくなってしまうのです。
あまりにも単純な方法で住環境を よくすることができることに驚いてしまうでしょう。
しかし、ここに世紀末の健康問題や環境問題を解決する鍵がた くさんかくされています。
ビニールや布の壁材に、発酵した植物 ミネラルや、雑草を高熱で還元して燃やしたミネラル、鉱石を硫 酸で溶かして取り出したものなどをあらかじめ練り込んだり、じ ゅうたんにミネラル液を薄めて吹き付けるだけで、マイナスイオ ンを供給することができます。
ミネラルには、その元素の最外殻の電子の、回っている場所に 電子を空気中から取り込んだり、また空気がプラスイオン優位に なってマイナスイオンを必要としているときには、それらを供給 したりする非常に便利な性質を持っています。
それは炭も同じです。
特に、発酵によってばらばらにミネラル 元素が存在する場合にはこうした現象が起こり、ミネラルエキス を悪臭のもとに吹き付けるだけで悪臭が消えるのは、ミネラルが 電子を供給して、悪臭のもとのプラスイオンを中和したり、マイ ナスイオンで取り囲んでしまうためです。
現代病の喘息
現代人の喘息は、空気が汚すぎ、しかもプラスイオンを帯びた その空気が呼吸によって体のなかに入り、体がますます酸性体質 に変ったり、プラスイオンが入りすぎたために血管や気管支が著 しく収縮して起こると考えられます。
私の友人に長年喘息をわずらっている女性がい ます。
彼女にマイナスイオンの発生器を勧めたところ、使った その晩から、ぴたっと喘息が止まっ て驚いたといいます。
昔から医療用として使われている気管支拡 張装置は、水のクラスターを小さくする針が機械の中心部につい ていますが、そこにイオンカウンターを当てて測定してみると、 何と針の先からマイナスイオンが30万個も出ていることがわか りました。
ということは、気管支拡張装置と気管支拡張剤を使わ ずとも、水だけでも同様のマイナスイオン〝電子〟を体のなかに 供給することができ、その結果、乳酸値が下がり、血管が拡張さ れると同時に気管支も拡張されていく のではないかと考えられます。
マイナスイオンを応用した喘息の予防、治療は今後の大きなテ ーマです。

京都大学名誉教授の今村祐博嗣さんの今までの研究結果などのまとめサイトです。今村教授のコラムや研究写真、業績、略歴などが紹介されています。コラムでは住宅と木材、林業技術(森林技術)、雑誌コラム、面白研究に分類されており、そこから各コラムを見ることができます。研究写真では、シロアリのクローズアップ、オイルパームの材組織、マイクロ波加熱による木材の曲げ加工、老齢組織と材質、AEによるシロアリの行動生態の解析。木質ボードの生物劣化がありシロアリの写真は無視が苦手な方は要注意です。略歴では今村教授の活動なども掲載されています。 このwebへのリンクは 今村祐嗣の研究 です。
.