974
奥山の杉のともずり
おくやまの すぎのともずり
すぎの枝と枝とがすれ合って、自然発火して山火事を出すこと。
自業自得のこと、 ひいきのひき倒しの意味。
類語として、檜山の火は檜より出て檜を焼く。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁