915
柿の木であってもちさの木
かきの きであってもちさのき
何が何でも、自分の言い分は曲げない強情のたとえ。
鹿児島人の頑固なのを語ることわざとされる。
昔、鹿児島領では柿の木にまで課税したが、検地の際に、柿ではない、ちさでござると頑張って免れたという話があった。
ちさの木=柿の木に似た木という。
万葉集のちさの木はエゴノキのこと。
類語として、椋は成っても木は榎。
這っても黒豆
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁