440
風に柳
かぜに やなぎ
適当にあしらって逆らわぬこと。
適当にあしらって自分の身を保つこと。
類語として、風に柳と受け流す。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁