446
門松は冥途の旅の一里塚
かどまつは めいどの たびの いちりづか 
正月の門松は、本来めでたいものとされているが、それを立てるごとに一つ年をとっていくので、死に近づく一里塚と考えれば、めでたくもない。
一休の狂歌。
「冥途」は「冥土」とも書き、あの世のこと。
「一里塚」は、昔、街道に1里(約3.9キロ)ごとに設け、里程の目安にしたもの。
なお、このことばは一休禅師作という説があり、このあとに「めでたくもありめでたくもなし」と続けても言われる。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁