1039
株を守りて兎を待つ
かぶ を まも りて うさぎ を ま つ
いつまでも昔どおりのやり方を守って、それ以外のことのできない者をいう。
旧習にこだわって融通のきかないことのたとえ。
融通のきかないことのたとえ。
宋の農夫が田の中の切り株に走ってきた兎が衝突して死んだのを拾って以来、農業をやめて株の番をして暮らし、国中の笑いものになったという故事から。
類語として柳の下にいつもどじょうはおらぬ。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁