454
柯を伐り柯を伐り其の則遠からず
かを きり かをきり そののり とおからず
斧の柄をつくるには、その手本を他に求める必要はない。
いま木を伐るのに使ったその柄を手本にすればよい。
人も道を遠くに求めなくても、近いところにあるということ。
柯は、斧の柄。
類語として、印鑑(いんかん)遠からず。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁