999
雁木に鑢
がんぎに やすり 
金属などをこするのに使う目の荒いやすりでこするように、減り方が早いこと。
おちぶれ方の早いさま、損失の度重なるのにいう。
類語として、雁木やすり
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁