153
寒蝉枯木を抱く
かんせん こぼくを いだく
その場を離れようとしないことをたとえていう。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁