376
争い果てての乳切り木
あらそい はてての ちぎりぎ
諍果てての乳切木とも。
喧嘩が終わってから、捧を持ってきても役に立たないと。
よい時機におくれることのたとえ。
間に合わぬこと。
乳のあたりまでの長さに切った木で中央をやや細くけずった棒。
「喧嘩過ぎての棒ちぎり」「争い終わりの乳切り木」「諍い果てての棒乳切り木」とも。
類語として、けんか過ぎての捧乳切。
賊のあとの捧乳切。
軍見て矢をはぐ。
十日の菊六日の菖蒲。
火事後の火の用心。
取られた後の戸じまり。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁