459
樹静かならんと欲すれども風止まず
き しずかならんとほつすれどもかぜやまず
この句のあとに「子養わんと欲すれども親またず」とある。
樹が静かになろうと思っても風が止まないので、思うようにならない。
そのように孝行しようと思う時には、すでに親が死んでしまっている、という嘆き。
類語として、風樹の嘆。
孝行のしたい時分に親はなし。
石に衣は着せられず。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁