159
木草にも心を置く
きくさにも こころを おく
戦に負けて逃げていく者が、追手が来たのではないかと、木や草のゆれる音にもびくびくし用心していること。
草木の動きにも敵かと思って警戒する。
周囲の物事に細心の注意をはらう。
また、まわりを気にしておずおずする。
類語として、木にも萱にも心を置く。
芒の穂におず。
落ち武者は薄の穂に怖ず。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁