461
覊鳥旧林を恋い池魚故淵を思う
きちよう きゅえうりんを こいちぎょこえんをおもう
旅人が故郷を恋い慕う気持ちのたとえ。
渡り鳥がもと住んでいた林を恋しく思い、池の魚が昔住んでいた淵を懐かしがる。
覊は旅で、旅の鳥、渡り鳥、陶淵明の詩の句。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁