1016
木の端のように思う
きの はしのようにおもう
取るにたらぬものと思う。
全然無価値と見なす。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁