1035
黄肌を嘗めた唖のよう
きはだを なめたおしのよう
にがい物をなめたおしがなんとも言えぬ表情をすること。
内皮を薬用染料にする。
実も薬用。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁