934
いかぬ事とて木でした茶臼
いかぬこととて きでしたちゃうす
木で作った茶臼では、うまく茶が挽けるはずがないということから、余計な事とはいえ、よかれという気でやった事で悪気ではない。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁