482
牛山の木かつて美なり
ぎゅうざんの き かつて びなり
牛山の木は、昔はうっそうとしていたが、大国の領土となって木は伐られ、若芽は牛に食われて、はげ山になっている。
人はそれを見て昔から木が無かったと思ってしまっている。
同じように、人間の性質が現在悪くなっているのも本来のものではなく人の性はもともと善であり、悪くなったのは、政治や教育が悪いから悪くなったのだ、という意。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁