77
桐一葉
きり ひとは
桐の一葉、ともいう。
初秋に桐の一葉が散るのを見て、秋の到来を知ること。
転じて、桐の一葉の落ちるのを見て秋の来たのを知ること。
物事の小さな一端から、その大体のなりゆきを察知すること。
権力者の衰亡のきざしのたとえにいう。
     
先頭 前ページ 次ページ 最終頁